車売却後のトラブル

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

実際に車買取りをしてもらった際のよくあるトラブルの話をしたいと思います。
よくあるトラブルの例として買取り後に事故車と判明したというケースがあります。
例えば、査定を受けて提示された金額に納得して業者に車を引き渡した後にその業者が
近くのオートオークションにその車を出品したところ、事故車と判明したので査定時に
提示した金額では買い取ることができないという連絡が来たというようなケースです。
その場合に買い取り業者が査定額の減額を伝えてきて受け入れない場合は車の運送費を
支払わなければ車を返すことができないと言ってきてトラブルになることもあります。
売ったこっち側からするとそれじゃあ何のために査定したんだ?と言いたくなりますよね。
このケースでは買取りの際の契約書の中に瑕疵があった場合はその減額ができるというような
趣旨のおとが書いてあると減額ができるとされていますが、国民生活センターでは
原則としてそれを理由に減額や契約の解除に応じる必要はないと言っています
業者がそれにどのような反応を示すかはわかりませんが参考にするといいでしょう。
ちなみに大手車買取り業者のガリバーではこのような事例を防ぐためにクレームガードと
いう保険?のようなサービスがあります。
このサービス自体も費用が別途かかるので賛否両論あったりするのですが
後腐れなく車を売却したいと考えている方はそういったところで売るのも一つの手です。
車の売り方