フロリダの方は、まだ台風の爪痕がすごくて車に乗りたくても乗れない。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

フロリダの方は、大型台風のカトリーナや、サンディ、リタなどのハリケーンが立て続けにきて、もう、すごい水没の中でやっと水が引いて土があらわになったけど、車も全部全然ダメ。
お得意のアメ車も、真っ白くなって、見る影もなく、塗装もはげはげ。
元の色が紺なのか、グレーなのかもなにもわからない。
真っ白だ。
あんなアメ車、見たことない。
せっかく高いお金を出してあんなにいい車を買っても、台風であんなふうになってしまうんだなー、と思うと、それはそれで悲しい。
妻も失い、子供とは離れ、ボロボロになった家の再建のためにまた、何もかも一から始めないといけない。
哀愁が漂いきっていた。
町中、ひどくボロボロの家並みが、楽しいのか、うれしいのかわからない、明るい日差しの中で、草原になった、芝生の庭に建っていた。
どこの家もそのままにしてあって、使えるものはもうなさそうだった。
車もあそこまで台風が来ると、もう使えない。
誰も見向きもしてなかった。
悲しい車が、たくさん放置してあった。
たまに前住んでいた人たちが来るみたいだが、そのまんま、何もせずに諦めて帰って行く。
車があんなようになるのは、日本ではあんまり見ないから、やっぱりアメリカなんだ、と思った。