サッカー エースナンバー「10」について

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

サッカーのエースナンバーと言えば言わずと知れた10番ではありますが、その10番をエースナンバーとして決定づけた選手と言えばなんといってもブラジルのペレではないかと思います。
ペレが初めて出場した1958年のワールドカップ スウェーデン大会、弱冠17歳のペレは当初さほど注目された選手ではありませんでした。
しかし大会が始まるとその卓越したテクニックに相手チームのDF陣を翻弄、終わってみれば圧倒的な強さでブラジルは初めてとなるワールドカップを制し、ペレもそこで世界的スター選手としての地位を築きはじめました。
その後行われた2度のワールドカップでは相手チームの執拗なマークもあり本来の力を発揮できませんでしたが4度目の出場となった1970年のメキシコ大会、29歳となったペレはその卓越したテクニックに更に円熟味をましたプレーチームの攻撃陣を牽引、今でも歴代最強との呼び声高いこのチームを世界一に導きます。
そのペレがクラブチーム及び代表でつけていた背番号こそが10番、各チームもそれにならってチームのエースと呼ばれる選手には10番を与えられる様になったと言われています。
オルニチン 副作用