歯の正しい磨き方のコツ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

歯を磨く時には歯自体を磨くのではなく、歯と歯茎の隙間というか歯の根元を磨くのが正解なのだそうです。
それというのも虫歯になる時には歯の根元からなるそうなので、そこを磨かなくてはいくら歯自体をしっかりと磨いてもあまり意味がないとのことです。
私はこうしたことを歯医者に通っていた時の歯磨き指導で教わったのですが、それを知ってからは歯の根元から歯茎にかけてをよりしっかりと磨くようになりました。
とはいえさすがに歯も磨かなくては気持ちが悪いので、まずはざっと歯を磨いてからその後時間をかけて歯の根元、そして歯茎をよくブラッシングしています。
このように歯茎をブラッシングすることは歯槽膿漏の予防にもなるんじゃないかと思うので、虫歯予防と歯槽膿漏の予防が両方できて一石二鳥です。
そして私には子供がいるのですが、歯を磨く時には特に歯の根元をしっかりと磨いてねと教えています。
さらに歯磨きにも人それぞれ磨き方のクセがあるので、同じ場所ばかり磨いて磨き残しがないよう、利き手だけではなくもう一方の手でも磨くなどして工夫したりしています。